蒲郡市見守り協定を締結


この度蒲郡市と豊田東海警備 蒲郡本部は、高齢者の異変に気付いた際に連絡を取りあう

「高齢者見守りネットワーク事業」で協定を結びました。

この事業は、一人暮らしの高齢者に目配りし孤立死や徘徊による事故の防止を図ることを目的として2014年8月からスタート、

これまでに信用金庫・新聞販売店・コンビニ等15団体と協定を締結してきましたが、警備会社との協定締結は今回が初めてとなります。

稲葉市長は「警備会社の参画により、更に高齢者とその家族の安心につながることを期待している。最終的にはどこでも市民の皆さんが見守って、安心して暮らせる街にしていきたい。」、梅田代表は「警備対処が終了して待機所に戻って来る際など、徘徊している老人がいないか等意識してパトロールしたり、尋ね人等の広報があった場合にはより積極的に探索に協力する等、警備会社として積極的に活動していきたい。」と話しました。

DSCN0585.JPG

協定を結び握手を交わす

稲葉市長(左)と蒲郡本部 梅田代表(右)

 

 

感謝の言葉を頂きました

機械警備先 社長様より

N警備士へ

「発報対応ではお世話になりました。」

発報を繰り返していたため臨時巡回警備を実施して原因を特定したことに対して。

 


上に戻る

Copyright © 2012 TOYOTA TOKAI GUARD SECURITY GROUP All rights reserved.